京都が周辺地域の活用で観光客分散化を狙う(海外の反応)

世界有数の観光都市・京都で特定の訪問先に旅行者が集中し混雑の緩和が課題となっている。市民生活への影響も出始め、過剰な混雑となる「オーバーツーリズム」を危ぶむ声も。市は周辺地域の魅力をアピールし、訪問先の分散化につなげたい考えだ。中略 ただ、17年の市の調査では、国内からの旅行者の46%が滞在中に「残念なことがあった」と回答。理由のトップは「人が多い、混雑」だった。観光シーズンには路線バスに乗車できないこともあるなど、中心部や公共交通機関の混雑は、市民生活に影響を及ぼしつつある。そこで市が目をつけたのは、主要観光地や市の中心部から足を延ばした場所に眠る観光資源だ。以下略(SankeiBiz)

海外の反応をまとめました。

続きを読む

Source: おもしろニュース