ウィンブルドン準決勝、センターコートで最長試合

 テニスの“聖地”が、とんでもない舞台となった。何と6時間36分(速報値)のセンターコート最長試合が生まれた。  男子シングルス準決勝第1試合は、世界8位のアンダーソン(南ア)と同10位のイスナー(米国)が互いに譲らず。最終セットはタイ…